請求手続きをすることで国からB型肝炎給付金を受け取ることができるかもしれません。

B型肝炎訴訟の現実と弁護士の対応について

B型肝炎訴訟は、幼少期に予防接種における器具の不備により感染したと思われる人を対象に、給付金を国より受け取るための訴訟の事を指します。

通常は弁護士を通じてこのB型肝炎訴訟を起こし、B型肝炎と予防接種などの因果関係を認めさせる必要がありました。しかし、現実的には裁判には長い期間がかかるため、その訴訟費用も含め患者には大きな負担となっていました。

特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」という法律に基づき、この条件に該当することが認められれば、国より給付金が受け取れることになりました。

B型肝炎とは?
血液・体液を介してB型肝炎ウイルス(HBV)に感染して起きる肝臓の病気です。(出典:Wikipedia)

弁護士と解決するB型肝炎訴訟

多くの人はB型肝炎訴訟と聞くと、大変なのではないか、もしくは難しいのではないかと不安に感じる人もいる様です。確かに、訴訟と付いているB型肝炎訴訟は、誰も助けも借りないで行うとなれば、やはりすべき事も多く、メンタルの面においてもハードだと感じられるかと思われます。

しかし多くのB型肝炎訴訟においては、訴訟に代理人として対応する事ができる弁護士を通して行われています。これまでにたくさんの人から相談を受けており、B型肝炎訴訟について無事に解決している弁護士であれば、相談すると心強いのではないかと思われます。また、B型肝炎訴訟の相談については初回のみ無料相談とするなど利用しやすくしている弁護士もいます。

B型肝炎訴訟における弁護士の解任

B型肝炎訴訟における弁護士の解任という事態は、あり得ます。B型肝炎訴訟というものは、本人にとっては大きなものです。しかし、弁護士にとっては、一クライアントにすぎません。そうした認識の違いから、「この弁護士は駄目だ」と思わせるような出来事が多々あるようならば解任を要求した方がいいでしょう。
B型肝炎訴訟は大変なものです。それだけで人生のエネルギーを使い果たしてしまうくらい重要なものです。そうしたB型肝炎訴訟を成功させるためにも、まずはしっかりとした信頼関係を築ける相手と、告訴を起こすべきであります。

B型肝炎訴訟も限界がある

訴訟を起こしていれば、ある程度認めてくれるようになり、お金を受け取れるチャンスが生まれてきます。弁護士は対応していく部分も多くなっていますが、対応するには限界と感じられる部分も出ており、B型肝炎訴訟は続けられる状態ではないケースもあります。

もちろん行っていくことが最優先で、認められるようにいろいろ考えて行動しているのですが、本当に対象となる範囲なのかわからず、結果的に難しい状態でもB型肝炎訴訟を行わないと駄目な場合もあります。弁護士だって気になる部分は多くありますから、いい状態で訴訟に行けるように考えるのです。

B型肝炎給付金に必要な書類

B型肝炎給付金を請求するとき、給付金の請求方法や必要になってくる書類は、どれぐらいあるのかと不安になった方も多いでしょう。初めに、自身がB型肝炎に持続的に感染していることを証明するため、医療機関の証明書が必要となります。

また、一次感染している事を証明する書類が必要です。集団予防接種を満7歳までに受けていることがわかるものを用意しておきましょう。その書類として、母子手帳を提出することもできますが、万が一紛失した場合は、市町村に保存してある予防接種台帳が代わりとなります。書類集めから弁護士に依頼することで、サポートしてくれるので活用しましょう。

病状で異なるB型肝炎給付金の金額

きっとB型肝炎給付金を受け取る事ができる人はかなりいるのではないかと思われます。とは言っても受け取る事ができるB型肝炎給付金の金額は一定ではなくて病状によって違います。

B型肝炎給付金を受け取る事ができるかどうかという事はもちろんですが、B型肝炎給付金の具体的な金額についても把握する様に努めましょう。また、発症から長い年月が過ぎると、途中で病状は変化するという事もあるかと思われますので、その場合にはB型肝炎給付金の金額が途中で変更となる事もある様です。その場合の受け取り手続きは複雑化する事が予想されますが、弁護士を通す事によって、無事に対処する事ができるかと思われます。

B型肝炎給付金の期限について

B型肝炎給付金とは注射器の使い回しによってB型肝炎ウイルスに感染してしまった人たちに対する国の損害賠償金のことです。

B型肝炎患者すべてがお金をもらえるというわけではありませんが、条件を満たしていれば受け取ることが出来ます。

ただし、このB型肝炎給付金は役所にいってお金を受け取るといったたぐいのものではないので注意が必要です。国に対して訴訟を起こして初めてもらえるものなのです。ですので、弁護士を雇う必要性があることをチェックしておきましょう。また、期限があり現在のところ2022年までがタイムリミットとなっています。

メニュー

TOP 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金

"B型肝炎原因と訴訟"では、B型肝炎給付金を受け取るために起こすB型肝炎訴訟についてや大阪の弁護士や法律事務所のサポートについてもご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらのページから。ご依頼や相談の詳細については大阪の弁護士へ。

ページトップへ戻る

copyright©B型肝炎原因と訴訟.All Rights Reserved.