請求手続きをすることで国からB型肝炎給付金を受け取ることができるかもしれません。

B型肝炎訴訟の現実と弁護士の対応について

B型肝炎訴訟は、幼少期に予防接種における器具の不備により感染したと思われる人を対象に、給付金を国より受け取るための訴訟の事を指します。

通常は弁護士を通じてこのB型肝炎訴訟を起こし、B型肝炎と予防接種などの因果関係を認めさせる必要がありました。しかし、現実的には裁判には長い期間がかかるため、その訴訟費用も含め患者には大きな負担となっていました。

特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」という法律に基づき、この条件に該当することが認められれば、国より給付金が受け取れることになりました。

B型肝炎とは?
血液・体液を介してB型肝炎ウイルス(HBV)に感染して起きる肝臓の病気です。(出典:Wikipedia)

B型肝炎訴訟における弁護士の解任

B型肝炎訴訟における弁護士の解任という事態は、あり得ます。B型肝炎訴訟というものは、本人にとっては大きなものです。しかし、弁護士にとっては、一クライアントにすぎません。そうした認識の違いから、「この弁護士は駄目だ」と思わせるような出来事が多々あるようならば解任を要求した方がいいでしょう。B型肝炎訴訟は大変なものです。それだけで人生のエネルギーを使い果たしてしまうくらい重要なものです。そうしたB型肝炎訴訟を成功させるためにも、まずはしっかりとした信頼関係を築ける相手と、告訴を起こすべきであります。

ページトップへ戻る

copyright©B型肝炎原因と訴訟.All Rights Reserved.