請求手続きをすることで国からB型肝炎給付金を受け取ることができるかもしれません。

TOP B型肝炎給付金 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟費用 弁護士にB型肝炎訴訟を依頼できる年齢

目次

  1. 弁護士にB型肝炎訴訟を依頼できる年齢
  2. B型肝炎訴訟について厚生労働省のホームページをチェック
  3. 症状に応じて最大3600万円のB型肝炎給付金とは
  4. B型肝炎訴訟について
  5. B型肝炎訴訟の無料説明会を行う弁護士
  6. B型肝炎訴訟の手続きはお早めに

弁護士にB型肝炎訴訟を依頼できる年齢

様々な問題になっているB型肝炎訴訟ですがこれには年齢の制限があります。

弁護士にB型肝炎訴訟を依頼する際はご自身が条件を満たしているか確かめましょう。その年齢というのは昭和16年の7月2日から昭和63年1月27日生まれの方が対象になります。

それ以外に訴訟出来るのはB型肝炎が原因でお亡くなりになってしまった方のご遺族もする事が出来ます。

B型肝炎訴訟はあくまで個人でもする事は出来ますが、弁護士に依頼する事により、確実に行う事や迅速に手続する事が出来るので不安などある方は一度弁護士等に相談してから行う事をお勧めします。

B型肝炎訴訟について厚生労働省のホームページをチェック

B型肝炎訴訟というのかなり物騒な響きです。日常に生きていると訴訟という言葉はそう聞こえます。実際に訴訟を起こすまたはその被告人になることはほとんどの人は経験しないでしょう。

B型肝炎の訴訟というのは昔、学校の集団予防接種が原因でB型肝炎になった方が国を相手どって訴訟をしたものです。

今でも、B型肝炎給付金の請求においてこの訴訟が度々おこなわれています。すでに、B型肝炎の給付金がもらえるということが判例である程度決まっています。

その判例によって金額が決まるのでしょうが、B型肝炎の状況というのは人それぞれで、今置かれている立場や容体もそれぞれです。

そのため、これぐらいは給付金としてもらえるといいきれない場合もあります。そんな方にとって自分で国を相手に請求を出すというのは非常に難しい状況にあります。

厚生労働省のホームページのB型肝炎給付金請求の箇所を見ていただいたらわかるのですが、かなり内容がわかりにくいです。

きっと何度も読めばわかるのかもしれません。いろいろな添付ファイルとすべて理解すればいいんでしょう?

的な考えはあるでしょうが、結構大変です。添付ファイルをすべて含めると何ページあるのでしょうか?プリントアウトするときっと紙がどれくらい必要か?

だからこそ、そんなことはできないという場合には弁護士を利用するのがいいでしょう。

全国のB型肝炎の集団訴訟に参加した弁護士団の各支部に依頼してもいいでしょうし、そうではない弁護士に相談してもいいでしょう。

B型肝炎の患者からいうとどれくらい自分のために頑張ってくれるか?で弁護士を決めるというのがいいとは思います。

ただ、この権利を勝ち取ってくれた弁護団に参加している弁護士に筋として依頼したいという考えもありますし、理解できます。

訴訟を起こす場合の依頼として弁護士費用もあるのでそのへんもよく考える必要があります。

給付金がもらえるまでに数か月、半年かかることがあるので弁護士費用を先出しで捻出すると金銭的にかなり大変な思いをするかもしれません。

だからこそ、弁護士費用の金額、支払い時期に関しても確認しておくことが必要です。

子供ではないのできっとそれぐらいはわかっているといわれそうですが、すぐに給付金がもらえるわけではないのでここで書いています。

症状に応じて最大3600万円のB型肝炎給付金とは

B型肝炎給付金について、ご存知でしょうか?B型肝炎給付金とは、7歳までの間で、昭和23年から昭和63年の間に受けた学校の集団予防接種などで、B型肝炎のウイルスに感染した方に支給される給付金のことです。本人の他、本人から母子感染した方や相続対象者にも給付金を申請する資格があり、病気の症状に応じて、50万円から3600万円の給付金が受け取れます。

B型肝炎給付金は、自動的に支給されるものではありません。受け取るためには、まず、国を相手の訴訟を起こして和解を成立させ、国と和解調書という書類を取り交わす必要があります。この書類と申請書を社会保険診療報酬支払基金に提出して、それでようやくB型肝炎給付金の申請となります。また、申請には期限があり、平成34年1月12日までとなっています。

法律知識があった方が、訴訟から申請までをスムーズに行えますので、B型肝炎給付金の申請については、弁護士や法律事務所に相談される方が多いです。

B型肝炎訴訟について

B型肝炎は予防接種法という法律によって、0歳の頃に受けなければならない予防接種の対象となっているものです。昭和23年までは、この予防接種は集団で受けることが義務付けられていました。

摂取用の注射器は使いまわされていた結果、B型肝炎に感染してしまった国民が40万人以上いたと推定され、その影響で肝がんや肝硬変と言った重大な病気になってしまったのです。これらは国の責任であるということを認めさせ、感染してしまった人への救済を求めて裁判所へ訴えたことを、B型肝炎訴訟と呼びます。集団で訴えを起こしたことで、国の謝罪や差別撤廃、医療費の助成などを受け取ることができました。

B型肝炎訴訟の無料説明会を行う弁護士

可能であればB型肝炎訴訟について弁護士に相談して、代わりに対応してもらいたいと考えている人は多いでしょう。しかし、B型肝炎訴訟の事で弁護士を頼りたくても、敷居が高く感じている人も多い様です。

なかなか弁護士にB型肝炎訴訟の事で相談できないと感じているのであれば、無料相談会を利用するというのも一つの方法です。B型肝炎訴訟の事で困っている人を対象に、弁護士が無料相談会を開催している事もあります。

この無料相談会に参加すると、B型肝炎訴訟について弁護士から話を聞く事もできます。また、そこから解決に至るケースもあります。この様に気軽に参加できるチャンスがあれば利用しましょう。

B型肝炎訴訟の手続きはお早めに

B型肝炎訴訟には、除斥期間があります。慢性肝炎が発症から、無症候群キャリアの場合は集団予防接種日から数えて20年が経過すると、損害賠償権が消滅してしまいます。除斥期間を過ぎても訴訟を起こせるものの、受け取れる給付額が大幅に減ってしまいます。

受給資格者は一次感染者から三次感染者までと、その相続人です。自覚症状が無くても感染している可能性がある場合には、早めに医療機関で検診を受けて、該当していたら速やかにB型肝炎訴訟の手続きを進めましょう。被相続人に感染の疑いがある場合は、カルテなどの証拠を揃えれば対象者であると証明が可能です。

メニュー

HOME 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟費用 B型肝炎訴訟弁護士 B型肝炎給付金 大阪 肝炎給付金

"B型肝炎原因と訴訟"では、B型肝炎給付金を受け取るために起こすB型肝炎訴訟についてや大阪の弁護士や法律事務所のサポートについてもご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらのページから。ご依頼や相談の詳細については大阪の弁護士へ。

ページトップへ戻る

copyright©B型肝炎原因と訴訟.All Rights Reserved.