請求手続きをすることで国からB型肝炎給付金を受け取ることができるかもしれません。

TOP B型肝炎給付金 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟弁護士 B型肝炎訴訟の和解金は税金がかかる?

目次

  1. B型肝炎訴訟の和解金は税金がかかる?
  2. B型肝炎訴訟に必要な検査が受けられる場所
  3. B型肝炎訴訟とその経緯
  4. 症状のない人がB型肝炎訴訟を弁護士に相談
  5. B型肝炎訴訟はなにか
  6. B型肝炎訴訟で気になる弁護士費用
  7. 弁護士にB型肝炎訴訟の相談をする前に
  8. 無症状でもB型肝炎訴訟について弁護士に相談
  9. B型肝炎の給付金の金額の確認と振り込まれる時期
  10. B型肝炎訴訟これまでとこれから
  11. B型肝炎の無症候性キャリアの方へ(面倒でも、将来のためにのメッセージ)

B型肝炎訴訟の和解金は税金がかかる?

B型肝炎訴訟の給付金請求の手続きを行い、裁判所から認定を受けると、和解金の支払いを受けることになります。

和解の金額は死亡や肝硬変などの重篤な症状を起こした場合は3,600万円、感染はしているが症状は出ていない場合は600万円など、B型肝炎に感染した際の症状の重さや除斥期間の有無によって異なります。

B型肝炎の和解金に対する税金ですが、見舞金に該当しているため非課税です。

また、B型肝炎感染者の遺族が請求した場合に対しても、相続税などはかからず相続財産には当たらないとされていて、このことからB型肝炎給付金は、課税の対象外であることが分かります。

B型肝炎訴訟に必要な検査が受けられる場所

B型肝炎訴訟を提起するためには、B型肝炎ウイルスのキャリアであることを示す検査結果が記載されている書類が必要となります。

この書類は基本的に、血液を調べてもらうことができる医療機関であればどこでも作成してもらえるので、最寄りの病院や診療所、保健所、検診センターなどで検査を受けましょう。

なお、病院で調べてもらうと、B型肝炎の症状の進行具合も調べてもらうことができ、これもB型肝炎訴訟における有効な資料となります。

また、医療機関で血液を調べてもらう場合、すでにB型肝炎の症状がでている場合とまだ出ていない場合では、料金が異なります。

前者の場合は治療の一環とみなされて保険が適用されますが、後者は定期健康診断などと同様の位置づけとなるため費用は全額自己負担となるので注意が必要です。

B型肝炎訴訟とその経緯

幼少期に受けた集団予防接種でおこなわれた注射器の連続使用が原因で、B型肝炎ウイルスに感染してしまった方は、国内に40万人以上いるといわれています。

また、持病感染してしまっている方の多くは、母親がB型肝炎ウイルスの感染者で、出産時に母子感染してしまったことが原因です。

このような方々が国に損害賠償を請求することを、B型肝炎訴訟といいます

一定の証拠があれば認定されるので、通常の訴訟と違って裁判官の判断に左右されることが少なく、予測も立てやすくなっているのが特徴です。一次感染、二次感染ともに、集団予防接種が感染の原因であることが前提となっています。

症状のない人がB型肝炎訴訟を弁護士に相談

すでに何らかの症状があったり、医療機関で治療を受けているという場合には、自分はB型肝炎訴訟の対象であるという事を把握しており、すでに弁護士相談を利用している人もいます。

しかし、症状のない人でもB型肝炎訴訟について弁護士相談ができる場合もあります。

また、症状がない人の場合には、B型肝炎訴訟の対象だという事に気づいていない場合もあり、弁護士相談に至らないケースもあります。

もし、家族など身近な人がB型肝炎訴訟の対象ではないかと思う場合、弁護士相談できる事を教えてあげるのもいいでしょう。弁護士相談をきっかけに、B型肝炎訴訟を行い、給付金の受け取りができればいいでしょう。

大阪の法律事務所

大阪梅田駅近くにも多くの弁護士事務所や法律事務所があります。交通アクセスが良い駅近くであれば会社帰りに相談によることも可能です。

B型肝炎訴訟はなにか

日本は、昭和23年以降全ての国民と住民が法律に則り、幼少期の集団予防接種を強制していました。その時に注射器の使いまわしによって、40数万がB型肺炎ウイルスに感染してしまい、これら感染者が慢性肝炎、肺がんなどの病気で苦しんでいました。

これらの被害者が国によって保障を受けることが出来るように求めた裁判がB型肝炎訴訟です。裁判所がこれらの訴えを認め、国との間に基本合意が成立しました。

基本合意によって多くの人が裁判を起こしB型肝炎給付金を受け取っています。給付金を受け取るには期限がありますので、注意が必要です。

B型肝炎訴訟で気になる弁護士費用

できれば、B型肝炎訴訟について弁護士相談を利用したいけれど、その際の費用が気になっているという人もいる様です。

しかし、B型肝炎訴訟における弁護士費用というのは、できるだけ負担となる事がない様に配慮されている事もあります。

弁護士によってB型肝炎訴訟の事で相談した際の料金設定というのはそれぞれ異なる場合があり、自分が相談する弁護士にB型肝炎訴訟の問題解決の費用を確認する必要があります。

B型肝炎訴訟について弁護士に相談した際には、着手金や相談料は不要としている所もあり、支払いについては解決後の後払い可能としている事もあります。これなら安心して相談する事ができそうです。

弁護士にB型肝炎訴訟の相談をする前に

これからB型肝炎訴訟について弁護士相談を受けたいと考えている人は、まず確認しておきたい事があります。B型肝炎訴訟について弁護士相談をする前に、自分で給付対象になっているかどうか確認する事ができます。

B型肝炎訴訟の事で弁護士相談をする前には、自分の生まれた年を確認したり、集団予防接種を受けたかどうか確認を行ったり、またはウイルスに感染しているかどうか確認を行う事で、ある程度把握できます。

弁護士にB型肝炎訴訟の相談をする際には、証拠となる資料があれば、持参しましょう。弁護士にB型肝炎訴訟の相談をする際に持参するといいのは、集団予防接種を証明できる母子手帳があります。

無症状でもB型肝炎訴訟について弁護士に相談

たとえ症状がなくても、B型肝炎訴訟について弁護士に相談する事で、B型肝炎給付金を受け取る事ができる場合もあります。無症候性キャリアと言われる事もありますが、ウイルスに感染しているのに症状がない場合もあります。

症状があれば、治療を受けてB型肝炎訴訟について弁護士に相談する人は多いと思われます。しかし、症状がないと、B型肝炎訴訟について弁護士に相談したくても、本人が気づいていない事もあります。

B型肝炎訴訟について弁護士相談ができる人には、あらゆる人がいます。自分や身近な人がB型肝炎訴訟について弁護士に相談して、B型肝炎給付金を受け取る事ができないかどうか、確認してみるのもいいでしょう。

B型肝炎の給付金の金額の確認と振り込まれる時期

手続きを行ったとしても、B型肝炎の給付金の金額はすぐに振り込まれる分けではありません。B型肝炎給付金の金額を受け取るには時間がかかります。

B型肝炎の給付金の金額を早く受け取りたいと考えるなら、手続きを早めに行う事が大事です。B型肝炎給付金の金額が振り込まれる時期については、和解となってから数か月程度かかる事もあります。

B型肝炎の給付金の金額の受け取りまでの流れについて調べてみるのもいいでしょう。思っているより時間がかかると感じる人もいるかと思います。

ウイルスに感染している人は、救済を受ける事が何より重要となりますので、手続きを終えていない人は、済ませましょう。

B型肝炎訴訟これまでとこれから

B型肝炎訴訟これまでとこれからについて。

公開日:2009/07/04

B型肝炎の無症候性キャリアの方へ(面倒でも、将来のためにのメッセージ)

B型肝炎給付金請求についてB型肝炎の無症候性キャリアへ。B型肝炎給付金請求ナビ(https://www.bgata-kyufukin.com/)

公開日:2018/02/24

メニュー

HOME 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟費用 B型肝炎訴訟弁護士 B型肝炎給付金 大阪 肝炎給付金

"B型肝炎原因と訴訟"では、B型肝炎給付金を受け取るために起こすB型肝炎訴訟についてや大阪の弁護士や法律事務所のサポートについてもご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらのページから。ご依頼や相談の詳細については大阪の弁護士へ。

ページトップへ戻る

copyright©B型肝炎原因と訴訟.All Rights Reserved.