請求手続きをすることで国からB型肝炎給付金を受け取ることができるかもしれません。

TOP 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金 大阪 肝炎給付金 B型肝炎の訴訟とB型肝炎給付金を受けるための必要書類について

目次

  1. B型肝炎の訴訟とB型肝炎給付金を受けるための必要書類について
  2. 具体的なB型肝炎給付金の受け取り金額
  3. B型肝炎は感染するのか
  4. B型肝炎給付金の事例とは別に法律相談
  5. B型肝炎の治し方にはどのようなものがある?
  6. B型肝炎給付金、どうして請求する人が少ないのか
  7. B型肝炎給付金のCMから手続きへ
  8. B型肝炎給付金のCMをしない法律事務所
  9. 大阪の弁護士にB型肝炎訴訟の相談をする前に
  10. 厚生労働省のホームページ以外でも紹介されるB型肝炎給付金請求
  11. 費用が発生してもB型肝炎の訴訟を弁護士に依頼するメリット
  12. B型肝炎給付金請求テレビ
  13. B型肝炎給付金請求における母子感染時の申請のポイント

B型肝炎の訴訟とB型肝炎給付金を受けるための必要書類について

皆さんの中には、過去に予防接種などでB型肝炎に罹患してしまった方もいるのではないでしょうか。現在、この問題は国は一定の給付金を出すことになっています。

では、これを受け取るにはどのような必要書類がいるのでしょうか。

まず、B型肝炎給付金を受けるには国家賠償請求訴訟というものを起こします。

その際、第一次感染者の方は証拠として医師の診断書、予防接種を受けたことと時期を証明するための書類(母子保健手帳など)が必要です。さらに、第二次感染者の方は加えて出生直後に既にB型肝炎ウイルスに持続感染していたことを示す資料または自分と母親のB型肝炎ウイルスの塩基配列を比較した血液検査の資料が必要になります。

裁判ありきの申請になりますので、時間はかかるかもしれませんが正当な権利ですので、しっかり行使してください。

具体的なB型肝炎給付金の受け取り金額

きっとB型肝炎給付金の受け取り金額については知りたいという人が多いと予想されます。しかし、B型肝炎訴訟は幅がありいろんな事情が関係しています。

そして、B型肝炎給付金として少ない場合には50万円であり、多い場合には3600万円となります。この様に見てみるとB型肝炎給付金にはかなり幅があるという事が分かるかと思われます。

B型肝炎給付金を請求するタイミングが病気の発症から20年を過ぎてしまっている場合には、金額が少なくなってしまう事から、もし請求を行う予定があるという人は、遅くなりすぎない様に注意しましょう。

金額について分からない場合には、弁護士に聞くとアドバイスしてもらえるでしょう。

弁護士にアドバイスをとお考えならB型肝炎給付金請求ナビ(https://www.bgata-kyufukin.com/)がお勧めです。弁護士法人みお綜合法律事務所です。

B型肝炎は感染するのか

B型肝炎は、C型肝炎、D型肝炎と共に慢性肝炎ウイルスと呼ばれています。

B型肝炎は主に体液や血液から感染し、母子間や、輸血、入れ墨、臓器移植などで感染することがあります。

近年では母親がB型肝炎である場合、産まれて生きた子供にワクチンを接種するようになっているので、母子間でかかることは少なくなっています。

増加傾向にあるのが性的接触や入れ墨、薬物での注射器の使い回しによる肝炎の感染です。だいたいの場合は一過性で済んでしまうことがありますが、まれに慢性肝炎となってしまう場合があります。

特に性的接触によるものは慢性になる可能性が高くなっています。

B型肝炎給付金の事例とは別に法律相談

やはり、B型肝炎給付金の事例について知ると、自分の抱えている問題についてもこの様に解決できればいいなと、希望を持つ人も少なくないでしょう。B型肝炎給付金の事例について知る事は、不安の軽減につながる事もあります。

ですので、B型肝炎給付金の事例を自分で調べる事は大事な事でしょう。しかし、B型肝炎給付金の事例を調べただけでは解決に至る事はできません。B型肝炎給付金の事例を調べると同時に法律相談を受ける事が必要となります。

弁護士に相談する事ができれば、後は二人三脚で問題の解決に向けて進める事ができますので、肩の荷が少し降りると感じる人もいる様です。最後まで頑張りましょう。

B型肝炎の治し方にはどのようなものがある?

日本では肝臓がんの約65%がC型肝炎によって、約15%がB型肝炎によって起っています。肝炎から肝硬変さらには肝臓がんへと進行させないためには、DNAの中に潜んでいるウイルスを完全に抑えることが大切です。

B型肝炎の治療には、核酸アナログ製剤と言う抗ウイルス薬の服用と、インターフェロンの注射があります。この2つがメインとなる治し方となっています。

最初に抗ウイルス薬で、ウイルスの増殖を抑えます。改善が見られなければインターフェロンに切り替えることもあります。

抗ウイルス薬を何年か服用してからインターフェロンで治療すると、DNAの中に潜むB型肝炎ウイルスを完全に抑え込むことができ、肝硬変へ進むリスクを減少させることができます。

ただし、完全にB型肝炎ウイルスを死滅させることは難しいので、その後も半年から1年に1回くらいは検査を受ける必要があります。

B型肝炎給付金、どうして請求する人が少ないのか

B型肝炎給付金を請求できる対象者は、最大で40万人を超えるといわれています。しかしながら、2017年3月8日時点での全国の原告数は約2万3千人しかいません。和解したのは、約1万7千人にとどまります。

この背景には、自分がB型肝炎ウィルスに感染していると知られたくない気持ち、信じたくない気持ち、どう対応していいのか分からない気持ちがあるのではないでしょうか。

感染して20年が経っても、症状が何も出ずに変わらず通常の生活を送っている人もいます。給付金は、症状が出ていなくても、遺族でも請求することができます。

自分が対象者に該当するかもしれない、と少しでも思ったら、弁護士に相談してみるといいでしょう。

B型肝炎給付金のCMから手続きへ

手続きを検討しているという人の中には、B型肝炎給付金のCMを見る事で、早く手続きをしないといけないと思った人もいるでしょう。

B型肝炎給付金のCMを見た直後は、手続きを急がないといけないと思っていても、またしばらくすると、B型肝炎給付金のCMについて忘れてしまう事もあります。

結局B型肝炎給付金のCMを見て、手続きをしないと思うけれど、忙しくてできていないという人はいませんか。B型肝炎給付金のCMを見て、気が付いたのであれば、できるだけ早く法律事務所に相談しましょう。

手続きを行う事ができる期間というのは限られていますので、期限を超えてしまう事がない様にしましょう。

B型肝炎給付金のCMをしない法律事務所

最近ではB型肝炎給付金のCMを行っている法律事務所を多く見かける様になりました。しかし、すべての法律事務所がB型肝炎給付金のCMを行っている分けではありません。中にはB型肝炎給付金のCMを行っていない法律事務所もあります。

ですので、B型肝炎給付金のCMを行っている法律事務所以外にも、どの様な所があるのかという事について気になっている人がいれば、ぜひネット検索を利用するなどして、確認してみる事をおすすめします。

B型肝炎給付金のCMを行っていなくても、自分の問題をスムーズに解決してくれる所もあるかと思います。身近にある法律事務所が対応してくれる事もあるでしょう。

大阪の弁護士にB型肝炎訴訟の相談をする前に

今から大阪の弁護士にB型肝炎訴訟の相談をする準備をしようと考えている人もいるかと思います。大阪の弁護士にB型肝炎訴訟の相談をするなら、事前に給付金の受け取りが可能であるかどうか、また具体的な金額はいくらであるかという事を試算できます。

あくまで試算となりますので、正確な事については、大阪の弁護士にB型肝炎訴訟の相談をする事で明らかとなるでしょう。

大阪の弁護士にB型肝炎訴訟の相談をする前にできるだけ把握しておきたいという場合には、試算してみるといいでしょう。症状により金額が異なります。

大阪の弁護士にB型肝炎訴訟の相談をすると、給付金の受け取りに向けて、前に進めます。

厚生労働省のホームページ以外でも紹介されるB型肝炎給付金請求

必ずしも厚生労働省のホームページを見ないとB型肝炎給付金請求について把握できない分けではありません。

厚生労働省のホームページは公的機関となりますので、B型肝炎給付金請求について偏りなく情報を公開していると思われます。

また、厚生労働省のホームページ以外でB型肝炎給付金請求について紹介される事もあり、弁護士事務所のホームページで扱われている事が多い様です。

厚生労働省のホームページで掲載されているB型肝炎給付金請求は、文章が多いですが、弁護士事務所はイラストなどで分かりやすく紹介しています。

厚生労働省のホームページやそれ以外からB型肝炎給付金請求の情報を集めましょう。

費用が発生してもB型肝炎の訴訟を弁護士に依頼するメリット

自分でB型肝炎の訴訟を行うとしても費用が必要ですが、B型肝炎訴訟を弁護士に依頼するとなれば、弁護士費用が更に必要になります。

しかし、たとえ弁護士費用が必要になったとしても、B型肝炎の訴訟の手続きを依頼し行うメリットがあります。やはり、費用が必要であっても、B型肝炎の訴訟を行うと、かかったお金よりも大きな金額の給付金を受け取る事ができます。

やはり、病気で大変な思いをしている人は救済される必要があり、無症状でも不安な日々を送っている人が多いでしょう。

費用を支払い、B型肝炎の訴訟を弁護士に依頼すると、手続きを任せられます。あまり時間がなくても給付金の受け取りが実現します。

B型肝炎給付金請求テレビ

ベリーベスト法律事務所

公開日:2019/04/16

B型肝炎給付金請求における母子感染時の申請のポイント

みお綜合法律事務所のB型肝炎給付金請求の動画。

公開日:2018/02/24

メニュー

HOME 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟費用 B型肝炎訴訟弁護士 B型肝炎給付金 大阪 肝炎給付金

"B型肝炎原因と訴訟"では、B型肝炎給付金を受け取るために起こすB型肝炎訴訟についてや大阪の弁護士や法律事務所のサポートについてもご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらのページから。ご依頼や相談の詳細については大阪の弁護士へ。

ページトップへ戻る

copyright©B型肝炎原因と訴訟.All Rights Reserved.